外壁塗装リフォームで重要な塗料の種類と選ぶポイントについて

塗料の種類

遮熱・断熱塗料とは?

住宅の遮熱・断熱について

外壁塗装において、近年話題となっているのが遮熱・断熱効果のある塗料です。
これらの塗料が果たす役割についてご紹介しましょう。

遮熱・断熱塗料の主な役割

一般的に遮熱・断熱塗料は、太陽の光からの近赤外線を反射し、熱が侵入することを防止する働きがあります。
屋根塗装の場合だと、遮熱・断熱塗料を塗っていないものと比較して、表面温度と室温がぐっと下がる結果が出ています。
こうしたことから遮熱・断熱塗装は環境に優しく、蓄熱を抑制させ光熱費削減につなげることができるので、エアコンを毎日使用する夏場に効率よく節電もできるのです。

遮熱塗料と断熱塗料の違いとは?

・遮熱塗料は「熱を反射する」
遮熱塗料の特徴は太陽からの熱を塗料の効果で反射することなので、室内には太陽の熱が伝わりません。住宅の構造によってはマイナス2℃も室温が下がることから、夏場は快適に過ごすことができるでしょう。

・断熱塗料は「熱伝導を抑える」
遮熱塗料の特徴は、熱をシャットアウトすることでしたが、断熱塗料は熱伝導を抑える特徴があります。
太陽熱による熱伝導を抑え、室内の温度が上がるのも抑制しつつ熱を外へ逃がさない役目も果たしていることから、夏は涼しく冬は暖かい家にしてくれるのです。

最新記事一覧